目のクマ解消☆美肌美人
目のクマ解消法・対策法・目のクママッサージなどをご紹介。目のクマの原因を探って、徹底的に美肌対策をしましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目のクマの原因には何がある?
目のクマは実際の年齢よりも10歳ほど老けてみられると言われていて、女性にとっては天敵ですよね。こうした目のクマは寝不足をした後などは顕著に見られますが、元々目のクマができる原因は何なのでしょうか。目のクマができる原因にはいくつかの要因があるのですが、そのうちの1つは睡眠不足や疲労、ストレスからくる血行不良から出来ると言われています。
元々冷え症の人は特に目のクマができやすいので注意が必要です。たばこと目のクマの関係も言われますが、これもまたこの血行不良と深くかかわっています。血の巡りが悪くなると目の下にくまができやすくなるというわけです。さらに目のクマができる原因の1つには、色素沈着も挙げられます。
目の下の皮膚は大変薄くできているので、血液中に含まれる酸素が不足すると血の色が暗赤色となるために、その色がにじんで見えるというわけです。目の下の皮膚を通すことによって、暗赤色の血が黒くみえるために、目のクマとなってしまうのです。近年ではパソコンや携帯の画面を長時間見る機会も増えているようです。そのためにドライアイと呼ばれる現象にさいなまされている人も多いようですが、このドライアイも目のクマの原因となるので、長時間PCの画面や携帯画面を見る機会が多い人は注意したほうがいいでしょう。
目のクマ解消法_血液の流れを良くする
目のクマの解消法には様々な方法がありますが、目のクマの原因の1つに血流の流れが悪いというものがあるので、血液の流れを良くすることをすれば、必然的に目のクマ対策となります。目のクマは化粧でごまかす前に、しっかりと体質改善をすることから始めましょう。まず、日頃から睡眠不足を感じている人は早めに布団に入るようにして、しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。入浴も体を温めるだけでなく目のクマにも効果的です。全身ゆったりとバスタブにつかり、リラックスした気持ちでバスタイムを過ごしましょう。入浴はストレスを軽減する働きもあるので、目のクマの原因をなくすことにもつながります。食べ物では、ビタミンCやビタミンE、ビタミンKなどが目のクマに有効と言われています。たばこを吸う習慣がある人は特にビタミン類を多く補給するようにするといいでしょう。食後にフルーツを食べる習慣をつけるなどすれば比較的楽にできるのではないでしょうか。パソコンに長時間向かったり、携帯を長時間扱った場合などは、タオルを温めて目の上にあてておくだけでも効果的です。冷たいタオルと交互に使うとさらに効果的なので、あいた時間を利用して試してみるといいですね。長時間同じ姿勢でいるのも血液の流れを悪くするので、休憩をとり、休憩時間には簡単な体操をするなどして血液の流れを良くしてあげましょう。座りっぱなしの仕事の人はたまに立ち上がって腕を大きく伸ばしたり、肩を回したり、血液の流れを意識した生活をしてみるといいですね。
目のクマ解消法にマッサージは効果的
目のクマの解消法にはマッサージやツボ押しというものも効果的です。マッサージやツボ押しをすることで、血液やリンパの流れを良くして目のクマが出来にくい体質にしていきましょう。目の下の皮膚は非常に薄くてデリケートなので、力を入れすぎたりゴシゴシとこすったりするのは逆効果なので辞めましょう。力が入りすぎないように、薬指の腹を使ってマッサージを行うといいですね。こめかみあたりにはたくさんのツボがあるので、こめかみあたりを自分が気持ち良いと感じる程度の力で押してあげるのもいいです。眉頭の下のくぼみを親指の腹を使って、気持ちよく感じる程度に押し上げてみるのもいいですよ。目の疲れにも効くツボなので、長時間PCに向かったりする人には特におすすめです。又、目尻の横あたりにある少しへこんだくぼみも目のクマに効くツボで、目尻のシワが気になる人にも効果的な場所です。ここも同じように薬指の腹を使って、力を入れすぎずに気持ち良いと感じられる程度の力でツボを押してあげましょう。今はマッサージ専用のスティックなども市販で売られていたりもするので、こうしたものを利用するのもいいですが、くれぐれも力のいれすぎには注意です。温かいタオルと冷たいタオルを交互に目に当ててあげながら、目をリラックスした状態にしてからマッサージを行うとさらに効果的ですよ。お風呂上がりや寝る前などのリラックスした時間に行うといいかもしれないですね。そしてゆったりした気持ちになった後は、十分な睡眠をとることも忘れずに♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。